ご希望の電力会社・水道局・ガス会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト電力会社・水道局・ガス会社リサーチ

電気会社水道局ガス会社情報

電気によって可能になること



電気の発明は、画期的なエネルギーの発明でした。SF作家のウィリアム・ギブソンが、もし電気ではなく蒸気機関をもとに社会が発展したら、という仮説から「ディファレンス・エンジン」という作品を描き、「蒸気機関コンピュータ」なるものが登場しますが、さすがに「蒸気機関スマートフォン」までは生まれないでしょう。こうしたことからも電気は現代社会を生んだ非常に有効な原動力です。

電気は社会を照らすエネルギー

電気は社会を照らすエネルギー

かつて関西電力のCMに「街の灯りちらちら」というテーマソングが流れていました。電気のイメージと灯りのイメージで、「社会を明るく照らす電気」の役割をアピールしたものです。エジソンが電球を発明したように、電気はまず、照明装置のエネルギーとして活躍します。そして電気が照らす灯りが、「エンライトメント」という文字のとおり、社会を照らし文明を発展させる原動力となったのです。

照明のエネルギーとしての電気

電気がもたらした第一の幸福は、照明のエネルギーでした。各家庭や街路に電灯が整備され、夜でも明るい快適な暮らしが訪れました。夜でも灯りが途絶えない「不夜城」は電気誕生以前からあったようですが、20世紀後半になって登場した24時間営業のコンビニエンスストアなど生活に密着したものは、電気がなければ誕生しなかったでしょう。電気による照明は人々のライフスタイルをも変えたのです。

産業の動力としてのエネルギー

蒸気機関車が電車になって高速かつ、大量輸送が可能になったのをはじめ、電気は蒸気機関以上の産業革命をもたらしました。メッキなど、電気がなければ不可能な産業はもとより、多くの産業装置は電気制御(あるいは電子制御)で動いています。さらに、電子制御はその発展のとどまるところを知りません。情報機器は急速に発展し、産業が高度化しました。

暮らしの豊かさの実現

家庭の中では、電気は照明をはじめ、調理、冷暖房、掃除機や洗濯機、テレビや電話、パソコンやスマートフォンの動力をはじめ、風呂や温水便座など、様々な機器を動かす欠かせないエネルギーです。そして家電製品も省エネ・高効率なものに日々進化しています。家庭用の洗濯機はドラム型になり乾燥機もつきました。また、お掃除ロボットも登場。これらは決して贅沢品ではなく、一般生活者にも手の届く商品になっています。電気が誕生した当初に比べ、今日の生活は想像もつかないような進歩を遂げ、これは人類が電気エネルギーの無限の可能性を追求し続けた成果だと言えます。