ご希望の電力会社・水道局・ガス会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
電力会社・水道局・ガス会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

電気会社水道局ガス会社情報

中部電力の特徴



東海地方、及び長野県に電力を提供している中部電力株式会社。ここでは、中部電力の特徴などを紹介します。

中部電力の概要

中部電力の概要

中部電力株式会社は1951年に設立。本店は愛知県名古屋市にあります。「ちゅうでん」と略されることもありますが、中国電力もあるので「ちゅうぶでん」と呼ばれることが多いようです。会社のスローガンは「時代の先へ。ひとりのそばへ。」。

中部電力のマスコット

中部電力には今まで様々なマスコットキャラクターがいますが、中部電力の施設「でんきの科学館」のマスコットキャラクターが「スーパーおうむ君」です。7月20日生まれのオウムで、小学4年生という設定。甘い物が大好きで、身長は120cmですが、ウエストが140cmもあります。電力会社の発電部門で働いている父親は「スーパーおうむパパ」で、中日ドラゴンズのファン。「スーパーおうむママ」や、4歳の妹「スーパーえりい」もいます。家族は全員、電気抵抗の単位である「オーム」のマークが入った服を着て、「でんきの科学館」で展示の説明をしたり、ホームページのゲームに登場します。

発電設備について

2012年度データでは、中部電力には火力、水力、原子力、風力、太陽光の199の発電施設があり、そのうち183は水力発電所で電気を生産しています。原子力は、1987年に運用開始された浜岡原子力発電所があります。火力発電所は12あり、そのうち11は汽力式、残りの1は内燃力です。2010年には御前崎風力発電所が運用開始となり、2011年には武豊火力発電所構内に「メガソーラーたけとよ」という太陽光発電所が運用を開始されました。

発電電力量

2013年時点で発表されているデータでは、中部電力の販売電力量の合計は、1,265億5,200万キロワット時です。このうち354億9,200万キロワットが電灯による売り上げ、61億2,400万キロワットが電力の売り上げとなっています。

PR施設

中部電力は各地に様々なPR施設があります。電気の仕組みなどを展示する「でんきの科学館」をはじめ、愛知県碧南市にある「へきなんたんトピア」、自然風庭園である「名古屋港ワイルドフラワーガーデン」、新エネルギーについての展示を行なっている御前崎の「新エネルギーホール」などがあり、これらの多くは火力発電所などの敷地内に併設されています。無料や数百円の入場料で楽しめます。