ご希望の電力会社・水道局・ガス会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト電力会社・水道局・ガス会社リサーチ

電気会社水道局ガス会社情報

沖縄電力の特徴



沖縄県全域に電気などのエネルギーを供給している沖縄電力は、東証一部上場企業です。現地では略して「沖電(おきでん)」とも呼ばれています。ここでは、沖縄電力の特徴を紹介します。

沖縄電力の会社概要、事業所について

沖縄電力の会社概要、事業所について

沖縄電力は1967年5月15日に設立され、本所は沖縄県浦添市に所在。那覇市、浦添市、うるま市、名護市、宮古島市、石垣市に支店が、糸満市と与那原町に営業所が、東京都にも支社があります。

グループ会社

建設業、電気事業周辺関連事業、通信事業、不動産業などのグループ会社があります。例えば株式会社沖電工、沖縄開発株式会社、ファーストライディングテクノロジー株式会社です。グループ会社で、発電所や送配電設備の建設と修復、定期点検業務、変圧器や配電盤、電線、電気メーターなどの電力用資機材の販売などをしています。

沖縄電力の設備について

発電所の数は、汽力4、ガスタービン4、内燃力13で、使用燃料は重油、石炭、灯油となっています。新エネルギー設備の数は風力5、太陽光12、小水力1で、6,537の変電設備があります。吉の浦火力発電所には、地球環境に配慮したLNGコンバインドサイクル発電システムが導入されています。

沖縄電力の業績について

2013年3月期の単独決算によると、売上高1,589億円、営業利益70億円でした。2011年度の販売電力量は合計74億4,033万キロワット時で、そのうち電灯29億3,847万キロワット時、電力33億4,693万キロワット時、特定規模需要11億5,493万キロワット時。最大電力は134万1,000キロワット(送電端)です。離島については、工事費の低減、燃料転換、経済負荷配分制御支援システムの導入などにより、コストの低減に取り組んでいます。

沖縄電力のサービス

沖縄本島及び37の有人離島に電力を供給しています。

家庭向け電気料金メニュー

朝や夕飯時などの家族団らんの時間帯や、夜間の一部の時間帯の電気代が安くなる料金メニュー「Eeらいふ」は、夜間蓄熱型機器またはオフピーク蓄熱型電気温水器を使用するシステムとなっています。また、指定のクッキングヒーターを備え付けることで電気料金が割引となる「ちゅらクック割引」も人気です。

法人向けサービス

蓄熱式空調システムや業務用電化厨房に関するサービスを行なっています。認定電気通信事業者やCATV事業者などは、光ファイバーケーブル心線の使用を申込むことができます。

テレビ番組

沖縄の独特の文化や歴史、自然、人などを紹介する紀行番組「ウチナー紀聞」のスポンサーである沖縄電力では、広報室が企画に参画し、沖縄の文化や芸能、スポーツなど地域に根ざしたテーマを取り上げています。