ご希望の電気会社・水道局・ガス会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト電気会社・水道局・ガス会社リサーチ

電気会社水道局ガス会社情報

原子力発電のメリット・デメリット



化石燃料を使わない発電方法として、かつては世界中から注目を集めた原子力発電でしたが、2011年3月11日の東日本大震災によって、その問題点も浮き彫りになりました。ここでは、原子力発電のメリットとデメリットを説明します。

原子力発電の特徴

原子力発電の特徴

発電コストが安いことで急速に増えた原子力発電所ですが、解体にコストや時間がかかるなど、メリットとデメリットがあります。

原子力発電のメリット

原子力発電所のメリットは、第一に燃料が少なくて済むことが挙げられます。「ウラン」は少量でたくさんの発電を行なうことができる他、燃料の安定供給・リサイクルが可能です。「ウラン」は使い終わったあとに再処理を行なうことで、再び燃料として使用することのできるリサイクル可能燃料であり、さらに、二酸化炭素(CO2)を排出しない点もメリットとして挙げられており、温室効果ガス問題の面でも有効性を認められています。また、水力発電や火力発電に比べて、原子力発電は発電や運用にかかるコストが安く、電力を安価で供給することが可能です。

原子力発電のデメリット

一方で、原子力発電にはデメリットも多く存在します。第一に、原子力発電は「高レベル放射性物質」が生成されます。原子力発電で生成された高レベル放射性物質は、最終処分地がまだ決定しておらず、さらに半減期が極めて長い放射性物質もあるため、長期間厳重に管理する必要があります。使用済み核燃料の処理に関しては、地下深くに埋蔵して保管する方法が模索されています。また、CO2を排出しない点とは裏腹に、放射性物質の漏洩による環境破壊の懸念も。重大な事故が起きると、周辺の環境に大きな影響を与えてしまうため、放射性物質漏洩に関するリスクを軽減するという観点から、広大な敷地を必要とし、土地に余裕のある地方に建設を行なってきました。さらに地方だけではなく、地震や火山の噴火など様々な地質的な特性を精査する必要があり、建設場所が限られてきます。また、原子力発電所は万が一事故が起きると、事態を収拾することは非常に困難となり、高レベルの放射線が出ている原子炉には近づくことも不可能になります。さらに放射線が放出された場合、自然への、さらに人間への様々な影響が懸念されます。

コストの観点では、発電所の解体に多額のコストと長い年月が必要であり、日本では現在「ふげん」と「東海発電所」の2つが解体に着手していますが、解体費用だけではなく、廃棄物の処分や維持費などを含めると、1炉あたりの解体費用は数百億円にもなります。その上、廃炉には何十年という年月がかかります。

また、原子力発電所はテロリストの標的にされる可能性もあり、仮に原子力発電所に対する爆破テロが起きた場合には、近隣諸国にも多大な被害を及ぼす可能性が指摘されています。