ご希望の電力会社・水道局・ガス会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
電力会社・水道局・ガス会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

電気会社水道局ガス会社情報

火力発電のメリット・デメリット



日本の電力の大部分が火力発電に依存していますが、火力発電にはメリットだけではなくデメリットもあります。ここでは火力発電におけるメリットとデメリットについて解説します。

火力発電の定義

火力発電の定義

燃料を燃やすことによって生じたエネルギーを電力に変換する発電法。

火力発電のメリット

火力発電は、メリットが多い発電法としても知られており、日本の電力の大部分を担う主要な発電方法です。

安定した電力の供給
自然エネルギーを利用した発電方法と異なり、安定して電力を供給することが可能。
発電量の調整が容易
需要に即した発電量に調整することが簡単なため、余剰電力を作りすぎてしまうことがありません。また、需要にあわせて発電量をすぐに増やすことが可能なので、電力不足が起きることが無いように調整することができます。
事故発生時の影響が限定的
原子力発電所は事故が起きてしまうと、周辺の居住者だけではなく自然環境にも重大な影響を及ぼします。火力発電所は放射性物質を生成しないため、事故発生時の影響が原子力発電所と比較して限定的で済みます。
敷地面積が狭い
火力発電所は原子力発電所や水力発電所のような広大な土地を必要としません。敷地面積が狭くて済むので、電力の消費地の近くに建設することが可能。
建設時の周辺環境への影響が少ない
水力発電所のように建築時に大規模な自然環境への影響を与えることがありません。建設時の環境破壊のリスクが少ないとされています。
使用する燃料の多様化
化石燃料だけではなく「バイオ燃料」などの代替え燃料の研究・開発がすすめられています。
燃料が取り扱いやすい
火力発電の燃料となる石油や天然ガスは、原子力発電の「ウラン」やその他の放射性物質と比較して取り扱いが安全です。
コストが安い
石炭火力を使用した発電は、特にコストが安いことで知られています。

火力発電のデメリット

火力発電には、デメリットもあります。環境問題を改善するために、各火力発電所では環境へのダメージを最小限に抑えるように様々な工夫がされています。

化石燃料の枯渇

主燃料である化石燃料は限りのある資源で、いずれ枯渇する可能性が指摘されています。

燃料費が国際情勢により左右される

火力発電で主に使用される石油はほとんどが輸入品で、国際情勢の影響により燃料費が大きく左右されます。

地球温暖化

環境問題の原因となる二酸化炭素(CO2)を排出します。

大気汚染

火力発電で排出されるのはCO2だけではありません。燃料の種類によって発生してしまう、窒素酸化物や硫黄酸化物などが大気汚染の原因になります。