ご希望の電力会社・水道局・ガス会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト電力会社・水道局・ガス会社リサーチ

電気会社水道局ガス会社情報

太陽光発電のメリット・デメリット



太陽光発電は、クリーンなエネルギーであり、太陽光さえあれば電力に変えられる素晴らしい仕組みです。しかも、家庭用太陽光発電の場合、余った電力を電力会社に売却できるなどのメリットもある一方、住んでいる環境によって発電量が予定を下回るなどのデメリットなどもあるため、太陽光発電のメリットとデメリットについてよく理解しておきましょう。

太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリット

ここでは、太陽光発電のメリットについて、経済面と環境面の2つの側面から紹介します。

電気代の削減ができる

太陽光発電のメリットとして一番に挙げられるのは、電気代の節約です。自宅に太陽光発電のシステムを持っている場合は、自家発電による電気を利用しているため、電力会社から電気を買わずに済み、電気代を節約できたり、発電量が消費電力を上回った場合は、電力会社に電力を売ることもできるため、経済的な面でメリットを受けられます。

クリーンなエネルギーのため環境に配慮できる

太陽光エネルギーは化石燃料や原子力とは違い、有害な物質を一切排出せずに電気を作ることができるため、太陽光発電を使用することによって、地球に優しい生活を実践することができます。

太陽光発電のデメリット

ここでは「費用」と「環境」、「住宅」への負荷の3点について、太陽光発電のデメリットを紹介します。太陽光発電の導入を考えている場合は、デメリットの部分にも注目しておく必要があります。

初期費用がかかる

当たり前のことですが、太陽光発電をする場合、それなりの初期費用が必要です。また、初期費用については業者によって価格がまちまちで、事前調査や相見積もりなどの手間がかかります。初期費用が安くても、アフターサービスがしっかりしていないと、後々問題になってしまうケースもあるため、太陽光発電の導入は、コストやプランについて最初にしっかり確認をしておきましょう。

住宅の立地条件によって効果に差がある

日当たりの良し悪しによって、ソーラーシステムを利用する効果があるかどうかが決まってきます。ソーラーシステムは、太陽の光によって発電する仕組みのため、直射日光の強弱や天候によっても得られる発電量は異なるので、日当たりや地域の「日照時間」についても確認しておきましょう。

家の屋根へ負担をかけてしまう

太陽光発電をする場合、住宅の屋根にソーラーパネルを設置するため、屋根にも負荷がかかります。負荷がかかりすぎると、屋根の破損や家自体の老朽化を助長してしまう場合もあることから、太陽光パネルを設置する前には、必ず自宅の屋根の耐久度について調査をしておきましょう。