ご希望の電気会社・水道局・ガス会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト電気会社・水道局・ガス会社リサーチ

電気会社水道局ガス会社情報

オール電化とは



オール電化は、住宅で使われるエネルギーを電力に一本化するものです。新築で住宅を建てる場合、ガス管などを気にしなくても良いので、台所の位置を自由に設計できることや光熱費を抑えられるメリットもあり、近年人気を高めています。

オール電化を正しく使いましょう

オール電化を正しく使いましょう

住宅展示場や家電量販店でよく見かけるようになった「オール電化」ですが、詳しい内容が分からないという方も多いのではないでしょうか。オール電化は正しい使い方を把握することで効果を発揮しますが、間違った使い方をしてしまうと、予想していたより光熱費がかかるといった場合もあります。そこで、オール電化のメリット・デメリットをご紹介します。

オール電化のメリット

IH調理器や床暖房など、オール電化にすることで様々なメリットが生まれます。まず、今まではガスを利用していたガスコンロや給湯器などがすべて電力に統一されるため、ガスの基本料金を支払う必要がありません。また、IHクッキングヒーターは火を使わないため火災の心配が減り、小さな子どもと一緒に料理を楽しむのにも便利です。さらに「エコキュート」を使うと、深夜電力という料金が低い時間帯を利用してお湯が作られるため、光熱費を抑えることができます。オール電化は停電になると、すべての機能が使えなくなるのではないかと不安があるかもしれませんが、停電時でも貯湯タンク内のお湯は使うことができ、災害が起きた場合でも、ガスよりも電気の復旧が早いという点もオール電化のメリットとして挙げられるでしょう。

オール電化のデメリット

安心・安全・便利・快適と思われるオール電化にもデメリットはあります。ガス代の基本料金がなくなる分、光熱費を抑えられるのがオール電化の良いところですが、電気代が高騰した場合、その分負担が大きくなり、深夜電力で貯湯タンクにお湯を溜めておく場合も、足りなくなったときは電気代が高い昼間の電力を使ってお湯を温めることになるので、余計な光熱費がかかってしまいます。このようなことが起きないためにも事前に家族全員のライフスタイルを確認し、それにふさわしい貯湯タンクを設置しましょう。また、エコキュートなど貯湯タンクは深夜電力を利用してお湯を温めるため、深夜の騒音が問題になる場合もあります。現在では各メーカーが静音設計や設置場所の改善に努めていますが、自身でも騒音についてしっかり把握しておくことが大切です。オール電化は正しく利用することで光熱費が抑えられ、思わぬトラブルも回避できるので、事前にしっかりと内容を確認しておきたいところです。