ご希望の電気会社・水道局・ガス会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト電気会社・水道局・ガス会社リサーチ

電気会社水道局ガス会社情報

スマートグリッドって?



福島第一原子力発電所事故以降、風力・太陽光・地熱・水力・バイオマス発電といった「再生可能エネルギー」が何かと注目を集めています。そんな再生可能エネルギーには、様々な発電システムをネットワークでつなぐ「スマートグリッド」というシステムが欠かせません。ここでは、IT技術及び制御技術を利用して効率的に再生可能エネルギーを運用する「スマートグリッド」について紹介します。

スマートグリッドの目的

スマートグリッドの目的

スマートグリッドとは、「賢い(スマート)」と「電力網(グリッド)」を掛け合わせた造語です。電力会社は、家庭やオフィス、工場などに「スマートメーター」と呼ばれる電力計を設置することで電力消費量をリアルタイムで分析・制御できます。電力消費量を把握することによって、電力会社は無駄な発電を抑え効率化を図ることが大きな目的です。また、自家発電(風力発電や太陽光発電などのクリーンエネルギー)を合わせた双方向の電力網を構築することで、二酸化炭素(CO2)排出を削減し地球環境にも貢献できるようになります。

スマートグリッドのメリットと問題点

スマートグリッドの導入によって、電力設備の効率化や省エネルギー、再生可能エネルギーの促進、エコカーのインフラ整備、停電への対策などメリットがある一方で、高度なIT技術やエレクトロニクス技術を利用するため、それらに対する外部からの不正操作やウイルス対策など、セキュリティ強化が今後の課題となります。

国内の取り組み

日本の送電網は、他の先進国に比べて進んでおり、これからの取り組みは、再生可能エネルギーをいかに導入していくかにあります。天候や気候に左右される不安定な太陽光発電・風力発電などをいかに安定的に供給できるかが、スマートグリッドを構築する上での鍵となってきているのです。電力を貯める蓄電機器や電気自動車を活用した蓄電など、無駄のない電力の生産と余剰分の電力の蓄電によって、スマートグリッドの理想とするシステムの構築につながります。

スマートグリッドを活用した将来の展望

ハウスメーカーが市場に次々と投入しているスマートハウスや、北九州市で実証実験を行なっている地域単位のスマートコミュニティ、スマートシティ、NECが取り組んでいるスマートビルディングなど、電力のみならず交通やガスなどの生活インフラをトータルで考えた「スマートシステム」が創造され、それらをリンクしてより効率的で、省エネに貢献した社会システムが構築されつつあり、スマートグリッドがこの新しい社会システムの大きな柱を担うことが期待されています。