ご希望の電力会社・水道局・ガス会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト電力会社・水道局・ガス会社リサーチ

電気会社水道局ガス会社情報

LPガスについて



LPガスの正式名称は「液化石油ガス」で、一般的には「プロパンガス」として知られています。都市ガスに比べるとおよそ2倍もの火力があることから、中華料理店などの飲食店などで使用されることも多い天然資源です。

LPガスはこんなところで使われている

LPガスはこんなところで使われている

LPガスは、家庭内のガスコンロや給湯といった用途の他にも、持ち運びに便利なカセットコンロやヘアスプレー、さらには殺虫剤といったスプレーにもLPガスが使われており、専門的な道具としては、緊急時に使われる発電機やガスバーナー、また火力発電や都市ガスの熱量を調整するときにも使われています。その他にも、タクシー(LPガス車)、一部の自家用車(天然ガス自動車)、大型フォークリフトなどの燃料としても使われており、LPガスで動く自動車は専用のガススタンドで補給する必要があります。石油や石炭と比べて、燃焼時の二酸化炭素(CO2)排出量が少なく、クリーンなエネルギーとしても注目されています。

災害時に便利なLPガス

災害が起こると、停電したり都市ガスの場合はガスも止まったりと、不便な生活を強いられることになりますが、個別のエネルギーとして確保されているLPガスは、点検さえ済めばすぐに使用できるため非常に便利であり、実際、過去の災害時には仮設住宅や避難所で使用するエネルギーとしても重宝されてきました。阪神・淡路大震災や新潟中越地震のときには炊き出しなどの支援活動に使われ、被災した世帯へ温かい食べ物がすぐに提供された実績があります。

LPガスって安全なの?

LPガスは、もともとは無色無臭の気体ですが、消費者に届けられる際には、ガス漏れしたときの判別のためにメルカプタンなどの有機化合物を混ぜ、臭いを付けた状態で出荷されており、このときの臭いは玉ねぎが腐ったような臭いです。また、ガス漏れ対策として、様々なLPガス用の機器が開発されており、例えば、空気より重い気体のため、ガス漏れ検知器は床に置いて使用し、建物の外に付けられているマイコンメーターはガスの圧力に異常を感じると、供給をストップする仕様のものが多く作られています。ガスコンロは加熱している鍋などの容器の温度が高すぎた場合、センサーが感知してガスの供給を止めるものがあります。LPガスが燃焼するためには大量の酸素が必要で、それも新鮮なものが条件となっており、使用する際には換気を十分にする必要があります。