ご希望の電気会社・水道局・ガス会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト電気会社・水道局・ガス会社リサーチ

電気会社水道局ガス会社情報

札幌市水道局の特徴



札幌市水道局は、北海道札幌市内へ上水供給を行なっている地方公営企業であり、農業大国北海道の中心地である札幌で、安全でクリーンな水の供給に力を注いでいます。

札幌市水道局の概要

札幌市水道局の概要

札幌に初めて上水道が通るようになったのは1909年です。それ以来、常に技術を刷新しながら、およそ100年以上の年月をかけて事業を拡張し、より快適な水の供給を実現してきました。

札幌市における水道創設の歴史

1909年、札幌市に初めて生まれた水道は、軍隊用の上水道であり、当時の札幌市住民は地下水利用者がほとんどだったため、生活者用の上水道の設置が市議会で可決され、敷設工事が開始されるのは1930年代半ばになります。第一号の水道施設である「藻岩第一浄水場」などが完成したのは1937年でしたが、当時は札幌の総人口の約半数しかこの水道を利用できませんでした。

札幌市の発展と水道事業の変遷

第2次世界大戦が終わると、札幌市は相次ぐ町村合併などによって急速な発展を遂げました。それに伴い、札幌市水道局の拡張事業も次々に実施されることになり、1971年には白川浄水場、1972年には豊平峡ダム、1978年には定山渓ダムが建設され、新たな水源の確保が成されました。また、1972年に開催された札幌冬季オリンピックも、市内の水道設備を充実させるきっかけのひとつとなりました。その結果、市内の給水普及率は1978年の時点で90%に達し、1980年代に入ると、藻岩浄水場に水力発電所が併設されるなど設備の充実が図られました。

札幌市水道局の事業内容

1990年代以降、札幌市水道局は拡充した事業について、より効率的でより安全性の高い上水供給を目指すとともに、「ライフライン」としての水資源の確保にも配慮した、施設整備事業に力を入れています。

環境保全に関する取り組み

将来的にも安全な品質の水道水を供給していくため、水源となる環境の保全などに配慮した環境配慮型経営を推進しており、水質汚染防止のために、水源となる周辺地域の定期的な見回りや、水源水質監視装置の設置などを行なっています。

災害に対する対策

札幌市水道局では、災害時などの緊急時においてライフラインとしての水の供給が滞ることがないよう、様々な対策を講じています。敷設する水道システムそのものの耐震性を保ち、大規模な地震などにも機能するようにしている他、万一、断水などの被害が起きた場合にも、一時的に給水を可能とする緊急給水体制の整備も進んでいます。

水道の大切さを広める

札幌市水道局は、主要業務以外にも、水道についての理解を深めてもらうために水道記念館を開設しています。展示室全体が水の循環について表現しており、水と環境、そして社会とのかかわりや影響などを学ぶことができます。