ご希望の電力会社・水道局・ガス会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
電力会社・水道局・ガス会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

電気会社水道局ガス会社情報

横浜市水道局の特徴



横浜市水道局は、神奈川県横浜市内へ上水供給を行なっている地方公営企業であり、水の供給や水源となる環境の保全などにも取り組んでいます。

横浜市水道局の歴史

横浜市水道局の歴史

横浜に水道が作られたのは、1887年に遡ります。当時完成した近代水道としては日本で初めてのものでした。

日本初の近代水道として

横浜市はもともと、居住戸数が100戸にも満たない小さな村でしたが、19世紀後半、明治維新のころから急激な発展を遂げ、人口も右肩上がりに増加しました。当時、人々の生活を支えていた井戸水は、海水を含み飲み水には向いてなかったことから、当時の行政はイギリスから専任技師を招聘し、相模川を水源とする近代水道を建設することになりました、日本初の近代水道が横浜で誕生しました。

近代水道百選にも選定

関東大震災、第2次世界大戦の災禍を経て、横浜市水道局はその事業をさらに拡張し続け1986年には横浜市の人口が300万人を超え、その翌年に横浜市の水道は創設100周年を迎えました。歴史の古い水道として、厚生省が1985年に歴史的価値の高い水道施設を選定した「近代水道百選」には、相模原市緑区青山の「旧三井用水取入口」をはじめとする下記4ヵ所が選ばれています。

「近代水道百選」に選ばれた横浜の水道施設

  • 相模原市緑区青山「旧三井用水取入口」
  • 相模原市緑区青山「旧青山取入口と沈でん池」
  • 相模原市緑区青山「城山隧道(ずいどう)」
  • 横浜市保土ケ谷区川島町「水道創設記念噴水塔」(横浜水道記念館構内)

横浜市水道局の事業内容

横浜市水道局は、「トップレベルの安全でおいしい水」の供給と、「災害に強い信頼のライフライン」の構築を主軸とした事業展開を行なっています。

安全でおいしい水の安定供給のために

歴史の長い横浜市の水道施設内では、経年劣化を起こす施設や配管などの整備や更新・改良に力を入れており、市内に対して安定した水供給を行なうために、配水網を順次整備・点検し、老朽化した配水管などの取り換えを進めています。また、交通量の多い場所などに設置された水道管からは地下漏水が発生しやすくなっているため、漏水の調査なども実施しています。

災害などの緊急時に備える

古くなった設備や配管の交換を積極的に実施しているのは、耐震性の向上のためでもあり、横浜市水道局は、災害などの緊急時下でも、ライフラインとして安定的に運用できる水道の構築を目指しています。