ご希望の電力会社・水道局・ガス会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
電力会社・水道局・ガス会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

電気会社水道局ガス会社情報

名古屋市上下水道局の特徴



名古屋市上下水道局は、愛知県名古屋市内への上水や工業用水の供給、また下水道の整備事業などを行なっている地方公営企業であり、上水・下水はもともと担当局が分かれていましたが、2000年に上下水道局として統合されました。

名古屋市上下水道局の概要

名古屋市上下水道局の概要

名古屋で初めて上水道が完成したのは1914年で、同年から市内への給水が開始されました。

名古屋市における上水道の歴史

上水道が完成してからはまたたく間に利用区域が徐々に拡大し、1930年代に入ると拡張事業が次々に行なわれるようになりました。東山配水塔や稲葉地配水塔などが建設されたのもこの頃からであり、これら積極的な拡張事業の背景のひとつとして、名古屋市内の急激な発展が挙げられます。住宅地としての発展を遂げ、水需要が急速に高まっていたのです。戦後もその勢いは止まらず、数々の浄水場が新設された他、1976年には名古屋市で初の水源施設となる「岩屋ダム」が完成しました。

名古屋市における下水道の歴史

上水道によって一般家庭への給水が行なわれるようになったのは1914年ですが、下水道はその少し前、1912年には一部の地域で利用されるようになっていました。その後、当時の名古屋市街地全域に下水道が完備されたのは1923年のことです。当時の下水道には処理施設はなく、下水はそのまま川に流されている状態でしたが、それを解消するため、下水処理場が1930年に完成しました。この処理場では活性汚泥法という処理方法が採用されていましたが、これは日本で初めてのものであり、これ以降、市内には複数の下水処理場や雨水貯留池・滞水池などが作られていきます。

名古屋市上下水道局の事業内容

名古屋市上下水道局では、「高水準の水道」を構築するために、上下水ともに様々な事業を展開しており、その他にも環境保全に対する取り組みも数々執り行なっています。

水道事業の取り組み

長期的な水資源の確保、各水道施設や配水管網の整備や維持管理などを行なっており、その他にも地震や渇水への対策として、応急給水施設である耐震性貯水槽や、地下式給水栓の設置などを推進している他、緊急時の復旧体制確立を目指しています。

下水道事業の取り組み

下水道の普及促進の他、経年劣化によって老朽化した各施設や配管などの調査・交換などを行なっています。また市内が都市化されたことによって、大雨による浸水被害も起きやすくなっており、その防止策として雨水整備事業なども積極的に推進しています。