ご希望の電力会社・水道局・ガス会社情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
トップページへ戻る
トップページへ戻る

電力会社・水道局・ガス会社情報(秋)

秋の電力会社・水道局・ガス会社情報



私たちが毎日使うガスや水道、電気。現代の生活では当たり前のように利用されていますが、日本全国に上水道網が完備したのは、1975年(昭和50年)頃。電気やガスといったインフラが現在のように整備されたのも昭和に入ってからになります。秋には、「ガスの日」や「防災の日」など、インフラにかかわる記念日が多く制定されています。災害に備えて家庭のインフラを見直すきっかけにしましょう。

ガス記念日

ガス記念日

1872年(明治5年)に横浜の神奈川県庁前で初めて10数基のガス灯が灯ったことを記念し、1972年(昭和47年)、日本ガス協会が毎年10月31日を「ガス記念日」に制定。「ガス灯」とは、ガスの炎を利用した灯りのことで、イギリス人技師のウィリアム・マードックが1792年(寛政4年)に発明しました。

日本で使われ始めた頃のガス灯は、黄色い炎が燃えているだけだったため、今の電球にすると15ワット程の明るさしかありませんでしたが、当時は、このガス灯は画期的で、その灯りをひと目見るため、遠方から多数の見物人が集まったと言われています。1972年(昭和47年)の年末頃には、横浜のガス灯は240基まで増え、1874年(明治7年)、東京の京橋と金杉橋の間に85基のガス灯を設置。夕方になると、はっぴ姿の点灯夫が、長い竿の先に火を灯したもので次々とガス灯に火を点けて回るようになり、この様子は、当時流行した「錦絵」と呼ばれる版画にも多く描かれ、その時代を象徴する風景となりました。

その後、1886年(明治19年)にはオーストリアのヴェルスバッハが「ガスマントル」を発明し、その明るさはガス灯の約5倍。この「ガスマントル」とは、木綿などの糸で編んだ網袋に発光剤を吸収させたもので、ガスの炎にかぶせると明るく青白い光を放ちます。

この「ガスマントル」は一般家庭でも好まれ、20世紀の初めに全盛期を迎えます。しかし1915年(大正4年)をピークに徐々に電灯へと代わっていき、1937年(昭和12年)には姿を消しました。

日本の水道史

日本は水に恵まれた国であり、全国どこにいても蛇口をひねれば飲料に適した水が出てきます。しかしこういった国は世界でも稀であり、2004年(平成16年)頃は、世界人口の約54%が家庭で水道の配管を通して水を使用し、約20%が家庭以外の水道で安全な水を使用し、さらに約16%以上は安全な水を利用することができなかったというデータがあります。つまりこれは世界の約10億人が安全な水を使えないということで、こういった地域に暮らす人々は不浄な水の摂取による感染症や下痢により、毎年多数の犠牲者が出ているのです。

そんな水質資源に恵まれた日本の水道の歴史は、なんと室町時代後期まで遡ります。室町時代後期、戦国大名の北条氏康によって、小田原城の城下町に小田原早川上水を建設したのが日本の水道史の最古の記録とされており、その後豊臣秀吉によって大阪城の城下町に、下水道「太閤下水」が建設され、江戸に水を供給する「神田上水」や「玉川上水」といった水道が建設されていきました。

しかし、明治初期にコレラが上陸したことで、それまでの水道設備では公衆衛生が保てないことから、西洋の水道を導入する声が強まります。試行錯誤を経てようやく都市部を中心に上水道を敷設し、1888年(明治21年)に、簡易水道込みで普及率2%となりました。その後第二次世界大戦期を経て、戦後復興と高度経済成長期に飛躍的に普及したものの、一部を除いた日本全国に上水道網が完成したのは1975年(昭和50年)になります。

防災の日に家庭のインフラを見直そう

毎年9月1日は「防災の日」。これは1960年(昭和35年)に制定された記念日で、防災意識を高めるために政府が定めました。

日本は地震が多い国のため、地震や津波、台風といった自然災害に日頃から備えていることが重要です。こういった大災害が起こった場合に困るのは、やはり電気やガス、水道などのインフラが止まってしまうこと。基本的にインフラの復旧は、電気、水道、ガスの順番と言われています。最近の大きな地震を見ても、電気が約1週間で復旧するのに対し、ガス漏れなどの点検が必要なガスが復旧するのには、相当の日数を要しています。東日本大震災では、電気は1週間後、水道は3週間後、ガスは5週間後に復旧した世帯が90%を超えており、予想以上に水道とガスの復旧に時間がかかるのが分かります。そのため、防災グッズを準備する際には飲料用の水を多めに備蓄しておく必要があると言えます。

防災の日には、防災用品の準備やチェックだけでなく、自宅の電気や水道、ガスの機器が痛んでいないか、もしもの場合の安全装置は作動するかなども合わせて確認しておくと安心です。

ロード中
ロード中
ロード中